子供と楽しめる「豊海おさかなミュージアム」(更新:2020年7月31日まで臨時休館なので注意)

豊海地区唯一のミュージアム「豊海おさかなミュージアム」のご紹介です。

2020/6/24 追記:さらに、2020年7月31日まで臨時休館となっています。「東京都からの要請を踏まえ、新型コロナウィルス感染症対策のため、2020年7月31日まで臨時休館となります」とのこと。

おさかなミュージアム公式サイトよりスクリーンショットを引用


2020/4/18 追記:さらにコロナウィルス感染拡大防止のため、2020年5月6日まで臨時休館となっています。

2020年4月16日撮影

[臨時休館のお知らせ] 2020年1月14日から3月31日まで、3階工事に伴い臨時休館となりますのでご注意ください

公式サイトによると、豊海おさかなミュージアムは、海や魚、水産に関する情報発信の場として、2012年に一般財団法人東京水産振興会が開設されたもので、水産に関する普及啓発事業、調査研究事業等を行っているそうです。

場所は豊海センタービルの2階です。ビルの正面玄関から入ってエレベータで2階に上がります(屋外から上がる階段もあります)

階段から上がるとこのような入口が。

来場時にはお正月のおさかなの特別展が開催されており、おせちや、鯛、鮭などのお正月に欠かせないお魚についての展示がありました。

次に漁場のいろいろな地方の漁場のお祭りの映像が見られるブースです。いろんなお祭りあるんですね。

次に鮭の一生がわかる映像です。鮭は川のにおいを記憶しており、大洋を回遊したあとに、生まれた川に帰ってくるらしいです。すごいですよね・・。

掲示物も多いです。これは小学校内に掲示される子供新聞と思われますが、おさかなの食に関する号が幾つか張り出されていました。小学生に対しての啓もう活動ということでしょうか。

これはお寿司の読み方についてクイズが楽しめます。上級編はかなり難しい・・。

ミュージアム内には書籍もたくさん用意されています。図鑑や、うおがしをテーマにした漫画などもありました。小学生からの質問にミュージアムのスタッフが回答しています。

土曜日に行ったのですが人も少なく、常連の子供が何人かテーブルで本を読んでいました。地域の憩いの場でもあるのかもしれません。穴場の施設ですね。

公式サイトの案内によると、 展示だけではなく、 食育のためのセミナーや、教育・啓蒙のためのイベントも活発に開催されているようです。同じ階にキッチンスペースがあり、魚を使った料理を作って学ぶセミナーが開催されているようです。この食育セミナーは月に2回ほど、子供向け、大人向けそれぞれ一回づつ実施されていたようです。
公式サイトでの食育セミナーの案内
ただ、建物の緊急工事のためか、2020年の2月以降実施予定だったセミナーは現在募集されていません・・残念ですが、再度開館するまで待ちましょう。

アクセス
都営バス[都04]「豊海水産埠頭」バス停から徒歩0分
都営大江戸線勝どき駅から徒歩10分から15分
ドコモバイクシェアポート:「B4-18.豊海センタービル」から徒歩0分

(2020年1月15日から臨時休館、4月1日から再開予定)
名称:豊海おさかなミュージアム
開館日:月~土曜日
開館時間:10~16時
休館日:日曜日、祝祭日、年末年始など
住所:東京都中央区豊海町5-1 豊海センタービル2階

皆様のツイートをご紹介します。

 

「いいね!」して
最新情報をチェック

Twitter で