桜並木がきれいだった豊海小前の道路が2021年9月30日に閉鎖、周辺建物も解体工事へ

勝どき6丁目、豊海地区のタワーマンション建設工事開始にともない、周辺地域の建物の解体が開始されます。それにともない、解体エリアの中を通っていた道路が9月30日に閉鎖される予定です。

現在の豊海地区

タワーマンション建設にともなう工事の他に、豊海地区と勝どき地区の間にある陸上防波堤と、その近くの道路についても工事が開始されており、道路の車線が減らされております。

写真の様に右側の道路が閉鎖されております

タワーマンション建設予定地のエリアは建物解体について

対象区域はほぼ豊海町内ですが、区域の1/4くらい、東側の一部のエリアが勝どき6丁目となっています。旧月島警察署や東卸豊海住宅を含みます。

こちらは旧月島警察の建物です。警察署が晴海に移転したあとも、消防局か何かの分署として使われていたようですが、ついに解体となります。

旧月島警察署の前の掲示板では解体工事範囲と、解体される建物の内訳が記されておりました。

解体エリアの中の東卸豊海住宅1号棟です。

すでに敷地には入れないようになっております。

東卸豊海住宅1号棟の前、大通りである清澄通りから豊海小学校に抜けるこの道路が閉鎖されます。

桜が咲いていた2021年3月末の様子の動画です。

現在(2021年9月)の様子です。

薬局や中華料理屋さんの津湘苑がありましたが、閉業済みです。

取材当時、東卸豊海住宅2号棟はまだ敷地にバリケードなどはありませんでしたが、入り口のドアにチェーンがかかっており、閉鎖されておりました。

こちらの道路はこのあたりに住む方にとっては思い出深い生活道路だったのではないかと思います。新しい街に生まれ変わるためとは言え、さみしいですね。

皆様のツイート・インスタグラムをご紹介

「いいね!」して
最新情報をチェック

Twitter で