豊洲市場前JALホテルの「汐待茶寮」でサラダバーとデザートバー

晴海から豊洲橋を渡ってすぐのところにある豊洲市場の休日ランチのレポートです。豊洲市場は開場してからしばらく経ちますが、旧築地市場のようなまだ一般の人が楽しめる飲食店街がありません。そんな市場前エリアに、2019年12月9日、「ホテルJALシティ東京豊洲」が完成しました。場所的にはゆりかもめ市場前駅と新豊洲駅の間に位置し、豊洲駅からも歩いて行ける距離にあります。

⇒他にもあります、晴海・勝どき・月島・豊海周辺のオシャレなカフェ・スポット一覧

新豊洲方面からホテルのビルを見上げたところ

ホテルオープンとと同時に1Fに「汐待茶寮」という、ホテルの朝食ビュッフェを兼ねたレストランができました。今回はそこに行って休日ランチを楽しんでみたのでレポートします。


こちらが入口です。

入るとホテルの受付が見えますが、左側に汐待茶寮があります。

入口で待っていると係の方が案内してくれます。

席は120席もあり、ランチ時でも入りやすいですね。

メインの料理にサラダバーとスープバーがついています。さらに追加料金でドリンクバー、デザートバーをつけることができます。ドリンクバーは300円、さらにドリンクバー+デザートビュッフェのついたセットは500円となります。

パンの食べ放題についてはデザートビュッフェに含まれます。デザートビュッフェのセットを選んだほうがお得だと思います。本日の洋食は毎日変わるようなので聞いた方がいいですね。
子供用の椅子もあります。広い空間なのでベビーカーもスイスイです。接客はさすがホテルのレストランという感じで完璧です。


席が多いので入れないとかはなさそう。ちょっとしたフードコートくらいの広さがあります。
注文したのは日替わりパスタです。本日はミートソースでした。

大きなお皿に盛られて、白い余白部分が大きいので目の錯覚で少量に見えますが、普通の量ありました。

とっても美味しい! 家庭的なミートソースとは一味違うホテル風のパスタです。細麺でとてもおいしい。


サラダバーもおいしく、ドレッシングも4種類用意されていてうれしいです。プチトマトが本当においしかったです。


本日のスープはコーンスープでした。

ドリンクはエスプレッソマシンによる各種コーヒーが楽しめます。

紅茶もたくさんのティーパックが用意されています。

アイスコーヒー、アイスティー、オレンジジュースもあります。

デザートビュッフェはガトーショコラなど洋風デザートがあります。

それに加え、白玉とそれにつける和風のトッピングが充実していました。

あんこ、きなこ、みたらし団子のソースなどが充実。本当においしかったです。
デザートビュッフェで楽しめるパンはこちら。

目の前は豊洲市場の駐車場が見えます。

夜のディナーメニューも看板が出ていました。このエリアは食事できるところが少ないので貴重なレストランです。どれも美味しそうですね。

食事ができて、きれいで、一人でも、子供連れでも、楽しめる素晴らしいレストランだと思います。ぜひ皆さん行ってみてください!

住所:東京都江東区豊洲6丁目4−20 Dタワー豊洲
ホテルJALシティ東京 豊洲 1F
Webサイト:http://shiomachi-saryo.jp/
営業時間:
朝食 7:00~10:30(10:00L/O)
昼食 11:30~14:30(14:00L/O)
喫茶 14:00~17:30
夕食 17:30~22:00(21:30L/O)

定休日:なし

では皆様のツイートです。

「いいね!」して
最新情報をチェック

Twitter で