晴海のホテルの12Fで「ル・アーブル」でドリンクバー付きのフレンチのランチ

今回は晴海にあるホテル「ホテルマリナーズ東京」内のレストラン「ル・アーブル」 のランチをご紹介します。ホテルまでのアクセスですが、最寄り駅は勝どき駅、A3出口より徒歩13分となります。ただ、晴海トリトンスクエアとホテルを往復するシャトルバスが出ています。平日のランチの時間のみとなりますので、トリトンを活用している方はこれをうまく使いたいですね。トリトンから徒歩だと結構歩くので時間が合えば使うことをお勧めします。

ホテルに着きました。

ホテルに入り右に曲がるとあるエレベーターで12階に上がります。

エレベーターを降りるとロビーのような空間があります。ここは待合スペースとドリンクバーのエリアになっています。


なぜここにドリンクバーがあるのかというと、喫煙室と禁煙室が完全別部屋になっており、そのため部屋の外にドリンクバーがあるようです。

お昼の遅めの時間に行くと、このロビーで待たされます。ロビーにあるテーブルとイスは飲食用ではなく待合用とのこと。近くには子供用の椅子が置いてあります。

喫煙室は禁煙室より二倍くらいの広さがあります。今回は禁煙室を選択しました。

窓からは焼却場の高い煙突と、その隣には商業施設も見えます。さらに奥には後に晴海FLAGのマンションとなる選手村の施設が見えます。ほぼ完成してますね。


料理です。ランチメニューは種類が多いです。パンかライスが付き、ドリンクバーとセルフサービスのスープがつきます。

ランチメニューはたくさんあるのですが、さきほどのロビーに料理の現物がたくさん置いておりますのでそれを見て事前に選んでおくことをお勧めします。

チキンの赤ワイン煮とライスを注文しました。 料理が来るのを待つ間、ドリンクバーや、セルフサービスのスープを取ってきます。

大航海時代がテーマなのか、壁には古い航海用の地図や船の模型が飾ってありました。お店の名前ル・アーブルは、調べたところ、フランス北西部の大西洋に臨む港湾都市の名前らしいです。晴海も昔から晴海埠頭などがある港湾都市ですね。

料理が来ました。少しマイルドなソースのチキンです。


食後デザートのケーキもいただきました。

テーブルの上に置かれた番号のプレートが伝票代わりとなります。これを持ってレジへ行きます。あと非常に重要な点ですが、支払いは現金しか使えないのでご注意ください。

この辺りは本当に飲食店がないのでこのホテル内の飲食店は貴重です。晴海に立ち寄って、晴海FLAG方面を見ながらお食事したい方はおすすめです。

土日祝日はランチビュッフェになります

平日は今回ご紹介したようなランチですが、土日祝日はランチビュッフェとなります。大人2,300円、お子様はお子様用のメニュー(500円から900円)を選ぶスタイルになります。
パスタ、メインディッシュはお好みのお料理を1品選び、それに90分の制限がありますが、デザートヴッフェがつく形のようです。詳細は以下のホテルの公式webサイトをご覧ください。

それでは皆様のツイートをご紹介します。

店名:ル・アーブル
住所:東京都中央区晴海4-7-28 ホテルマリナーズコート東京内 12F
営業時間:
平日ランチタイム 11:30~14:30(ラストオーダー14:00)
土日祝日ランチタイム 11:30~15:00(ラストオーダー13:30)
ディナータイム 17:00~21:30(ラストオーダー 20:45)

「いいね!」して
最新情報をチェック

Twitter で