晴海と豊洲の間にある、あの赤く錆びた古い橋(旧晴海鉄道橋)が改修されて使えるようになるそうです。

晴海から豊洲へ渡る橋はいくつかありますが、ららぽーとの近くの橋の横に、使われていない赤い鉄橋がありますよね。あの橋が補修・整備されて遊歩道になるらしいです。

旧晴海鉄道橋とは?

晴海一丁目と豊洲2丁目を結ぶこの橋は、旧晴海鉄道橋(もしくは晴海橋梁)と呼ばれ、以前は貨物用の鉄道が走っていたようです。戦後に豊洲に石炭の港ができて、これを運ぶためにすでに越中島付近まで来ていた鉄道の線路を豊洲に分岐したそうです。そのときにこの運河を渡る橋ができたそうです。しかし1989年に路線は廃止となり、この橋も使われなくなりました。その後放置されていましたが、30年を経て、再利用の話が出てきています。

歩道が狭い晴海橋を補完する橋となります

現在は春海橋(晴海でなく春海)があり、車や人、自転車はここを通るのですが、晴海・豊洲の人口増にともない、利用する人も多く、歩道の幅がとても狭く感じます。なので、あの橋が遊歩道になってくれればとても便利になります(晴海橋よりもフラットですし、ららぽーとにいくならほんの少し近道になりますしね)

春海橋の歩道。通行量が多いので、狭く感じます。

あの橋を見てみましょう

と言ってもあの橋は渡れないので春海橋から見てみます。まずは晴海側です。樹木が生い茂っていて、橋の起点がどうなっているのかよくわかりません。

晴海橋梁越しに近代的なタワーマンションがそびえたちます。

豊洲方面も負けていません。巨大タワマンがそびえたちます。

豊洲側はこうなっています。

豊洲側は春海(晴海ではなく春海です)橋公園となっています。

豊洲側からは橋や線路が見えます。渡ってみたくなりますが、当然立ち入り禁止です。

ここ、お花などがキレイに整備されていて、ちょっとした庭園となっています。ここ通れるようになったらいいですよね。

あの橋はいつ使えるようになるの?

2017年ごろからこの橋を2020年に向けて遊歩道橋にするという話はあったようですが、昨年2019年7月に「旧晴海鉄道橋遊歩道化基本及び実施設計」という入札があり、オリエンタルコンサルタンツ社に決まったようです。その納期が2020年2月28日だったようなので、すでに設計は完了していると思われます。さらに令和2年、今年の11月にこの橋の耐震工事の入札・発注が予定されています。この入札情報の工事期限が令和4年の2月25日となっているので、完成はそのあたりと思われます、まとめると・・
2020年2月・・設計完了
2022年2月・・工事完了
2022年3月・・利用開始(?)
という感じでしょうか。

でも橋ができたらこのあたりのお花畑はつぶされてしまうのかなぁ・・。それも寂しいですが。

それでは皆様のツイートをご紹介します。

「いいね!」して
最新情報をチェック

Twitter で