月島に2020年8月7日オープンのもんじゃ焼き屋さん「喜六家」で豚紅タコのもんじゃをいただく

今回は2020年8月7日にオープンしたばかりの月島のもんじゃ焼き屋さん「喜六家」に行ってきました。もんじゃストリートのすぐ近くにあります。
(お店の向かい側にはこちらも月島にオープンしたばかり素敵なカフェ「little spice the cafe ミライ」があります)

店内はこんな感じです。4人席のテーブルが6組くらいあります。オープンしたばかりなのでお店の中はとてもキレイです。

オープン祝いの胡蝶蘭のお花がありました。

お店の奥にはメニューがこんなかわいい木札に書いて飾ってありました。

荷物は匂いがつくので座席の下にいれてください、とのこと。この座席ががばっと開いて物入になっています。

お皿とヘラが来ました。

さて、注文です。もんじゃだけではなくお好み焼きも選べるとのこと。ランチメニューというのは特にないようです。また、ワンドリンク制なので、お料理1品+飲み物の注文が必要です。今回は豚紅タコのもんじゃとウーロン茶を注文しました。

いろいろなメニューがあります。もんじゃ焼きなのでお酒をのみながら少しづつ注文するのがいいんですよね、本来は。

これは何かわかりませんでした。

鉄板に火をつけてもらって、待ちます。

こちらのうちわ、持って帰ってください、と言われました。

お店のかっこいいロゴが入っています。

ワンドリンクのウーロン茶です。キンキンに冷えたグラスに入っていて冷たくておいしい!

来ましたもんじゃです。豚肉と、タコと、そしてピリッとおいしい紅ショウガが入っているもんじゃです。セルフサービスなので、自分で焼きます。観光客向けのお店ではないので焼き方などの説明や、マニュアルなどありませんのでご注意を!

もんじゃ焼きというものを10年ぶりくらいに食べるので、焼き方を覚えていません。。ネットで調べながら焼きます。

まず具だけを鉄板に乗せて・・・

大きなヘラを2つ使って、キャベツなどの具をちいさくきざみます。タコは切れないけど、この大きさならいいか、、。

円形に土手を作ります。ここを間違えると、このあと入れる汁が漏れるので慎重に・・。

汁と入れると・・やっぱり漏れました。円が小さすぎて水位が高くなってしまったのが敗因のようです。

ヘラで寄せながらなんとか円形をキープします。

なかなか中の汁が煮詰まりません・・。もっと薄く大きく作るべきだったようです。

そろそろ土手を崩して焼きに入ります。

もうちょっと焼きたいところですが・・。

初動に失敗したため思うように焼けてくれません。

お腹がすいていたので、ちょっとフライングですが、いただきます。

もんじゃの端っこがパリパリになるまで焼きたかったのですが、お腹がすいていたのでそれを待たずに食べてしまいます。

ふー、ごちそうさまでした!

今回は一人で行ったのですが、もんじゃに一人で来るものではないですね。家族でわいわい言いながら、分け合って食べたり、お酒飲みながら仲間と食べたりするのがいいと思います。喜六屋さんのインスタグラムに出ているお客様はとっても楽しそうです。

それでは皆様のツイート・インスタグラムをご紹介します。

店名:喜六家(きろくや)
住所:東京都中央区月島3-3-3浜屋ビル1階
営業時間:11:00~22:00(L.O. 21:00)
定休日:
公式instagrm:https://www.instagram.com/kiroku_ya/
公式facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100052552595694

「いいね!」して
最新情報をチェック

Twitter で