「小学校2024年問題」解決か?晴海4丁目に「晴海東小学校」が新設されそうです

中央区のプレスリリースによりますと、晴海地区に新たな土地購入計画が発表され、その利用用途に「晴海東小学校」が入っていることがわかりました。ということで晴海東小学校が新設されそうです。

勝どき・晴海地区の「小学校2024年問題」について

晴海周辺地域では、晴海フラッグ及びパークタワー勝どき、という大規模マンション計画があり、購入者の居住開始が2024年頃に予定されております。それにともない、今まで居住者が少なかった地域に数千人レベルで人口が増える見込みです。

そこで問題になっていたのが、このエリアの児童数が増え、地域の公立学校のキャパを超えてしまうのではないか?という問題です。以前このブログでもこの件について触れております。

その対処策として、晴海や勝どき地区の児童は、少し遠方の月島や佃地域(!)の小学校に通うことになるのではないか?という話が出ておりました。しかしここに来て、晴海にもうひとつ小学校が新設され、この問題は解決に向かいそうだ、という話が出ております。

晴海4丁目に「晴海東小学校」が新設される?

晴海東小学校は、どのような学校になる?

パークタワー勝どき居住の児童は晴海東小に通うことになる?

晴海西小学校は晴海フラッグの児童専用学校になる?

周辺地域の児童にも影響があるか?

晴海東小についてはこれから敷地などの購入をするという段階っぽいので、児童が増加する時期に学校設立が間に合うのかな?という心配もありますが、あと2年半の間にこのあたりの問題がスムーズに解決することを祈っております。

追記:2024年の段階では児童の収容は今の時点でも可能の予定

「いいね!」して
最新情報をチェック

Twitter で